「幸福感を感じている社員」と「そうでない社員」組織にどのような差をもたらすか、ご存じですか?

ビジョンとは何か

あなたは「人生のビジョン」をお持ちですか?ビジョンとは「将来の成りたい像」「人生という航海の目的地」です。

なぜ個人のビジョンなのか

なぜ企業が社員個人のビジョン創りを支援すべきなのでしょうか。社員の仕事に対する姿勢が変わる、3つのメリットがあります。

個人のビジョン創りの3つのメリット

ワークショップの流れ

[Step1] 1・2日目 - 理論とディスカッション

科学的な理論をベースに自己分析・結果を共有・ディスカッション・ビジョン創り

[Step2] 2日目終了後 - 各自でビジョン創り

お渡しするテンプレートとイラスト集を用いて、各自でビジョンロードマップの作成

[Step3] 3日目 - 発表

各自で作成した、ビジョン・ロードマップを発表

推薦者の声

岩田松雄さん - 元スターバックスジャパン代表取締役最高経営責任者 リーダーシップコンサルティング代表

【イメージ】岩田松雄さん

「変化の激しい時代において、企業のみならず個人も長期視野をしっかり持って、生きていくことは極めて重要です。その意味でこの「VISION ROADMAP」プログラムは個人のミッションを明確化し、後悔の無い人生に導く有効なツールとして推薦できます。

【イメージ】

1982年日産自動車入社。UCLAビジネススクールを経て、外資系コンサルティング会社・日本コカ・コーラビバレッジ常務執行役員・アトラス代表取締役社長を歴任。2005年には THE BODY SHOP JAPAN を運営する。イオンフォレストの代表取締役として売上を2倍にする。2009年、スターバックスジャパン(株)のCEOに就任。「100年後も輝くブランド」として安定成長を果たす。日本で数少ない専門経営者のひとり。2011年リーダーシップコンサルティング設立

上阪徹さん - ブックライター

【イメージ】上阪徹さん

多くの成功者にインタビューしてわかったことのひとつが、自分なりの未来ビジョンをきちんと描いてきた人が多いということ。人生のどこかで「ビジョンMAP」に出会い、自らビジョンを描き、 ビジョンを意識して生きていくことは、後の人生を間違いなく大きく変えていくと思います。

【イメージ】

ライター。早稲田大学卒。リクルートグループなどを経て、95年よりフリーランスのライターに。トップランナーたちの仕事論をわかりやすく伝えるインタビュー、執筆を得意とする。著書に『僕がグーグルで成長できた理由』『リブセンス<生きる意味>』『成功者3000人の言葉』など。インタビュー集に『プロ論。』『外資系トップの仕事力』など。

鳥内浩一さん - 株式会社リアルインサイト代表 ラーニングエッジ株式会社取締役

【イメージ】鳥内浩一さん

【イメージ】

1976年生まれ。ラーニングエッジ(株)取締役。東京大学大学院卒業後、複数のコンサルティング会社を経てラーニングエッジ (株)に経営陣として参画。「世界一のマーケッター」ジェイ・エイブラハムや「世界No.1コーチ」アンソニー・ロビンズほかの世界的権威から直に学んだビジネスノウハウを実践して、自社の成長はもちろんセミナー業界の発展にも寄与する。2011年株式会社リアルインサイト設立。全国の経営者・企業家向けに講演・セミナーを行い、本来の経営の在り方を指導する傍ら、日本のメディアに隠された真実を伝え、日本人としてあるべき姿を示唆している。

内藤忍さん - 株式会社資産デザイン研究所代表取締役

【イメージ】内藤忍さん

「資産形成には時間がかかります。だから若いうちから始めることが大切です。ところが、日本の学校では資産運用については、何も教えてくれません。むしろ、お金に働いてもらう投資は悪いことというような、曲がった考え方さえインプットされてしまうのです。藤野さんが提唱する「ビジョン・ロードマップ」では、人生を価値あるものにする「4つのビジョン」を描いていきますが、そのひとつにしっかりとファイナンシャル・マネジメントが入って.います。私も「お金の専門家」として、このビジョン達成のお手伝いさせて頂いています。 ビジョンを明確化するだけでなく、「ビジョンを叶えるお金との付き合い方」まで考える、ビジョン・ロードマップ。 あなたも一緒に描いていきましょう。

内藤忍さん著書

1964年生まれ。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社。1999年に株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)の創業に参加。同社は、東証一部上場企業となる。その後、マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社代表取締役社長、株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長を経て、2011年クレディ・スイス証券プライベート・バンキング本部ディレクター。2013年、株式会社資産デザイン研究所設立。代表取締役社長に就任。一般社団法人海外資産運用教育協会設立。代表理事に就任。

受講者の声

【イメージ】渡嘉敷考太さん

渡嘉敷考太さん - 大手インターネットサービス系IT企業

日々、仕事に向かう上で、明確なビジョンを持てていることの有難さを感じています。仕事は当然ながら毎日が順風満帆ではなく、落ち込む時も多々あります。そんな時、家に飾ってあるビジョン・ロードマッが自分を奮い立たせてくれます。ビジョン達成のために、落ち込んでいる暇はないと、原点に返れるのです。また、将来のビジョンを持つことで、やるべきことが明確になり、結果的に仕事のモチベーションが格段に上がりました。仕事はハードですが、ビジョン達成に向け、ワクワク感を持ちながら仕事ができています。

【イメージ】新本健太郎さん

新本健太郎さん - 大手総合電機メーカー勤務

ビジョン・ロードマップはただ将来像や未来を思い描くだけではありません。自身の根底にある生き方や価値観をビジュアライズしたものです。お陰で日々の業務から私生活に至るまで、小さいことにも「意味を感じながら取り組めている」と実感しています。絶えず「変化」を求められる時代に、「北極星」のように指針となるものを持つことができている事に感謝しています。ビジョン・ロードマップは、ライフスタイル・人間関係・キャリア・お金の管理全てにおいて、私の究極のロールモデルです。社会人生活の中では、未知との戦いですが、自分を信じて成長していけることができています。

【イメージ】藤田拓勧さん

藤田拓勧さん - 国内大手システムインテグレーター企業勤務

ビジョン・ロードマップは人生に迷った時、踏み出せない時に、私の背中を押してくれる大切な存在です。プログラムの中の「我々は命を削って生きている。その時間は戻ることが無い」という痛烈なメッセージから、今までに無い挑戦意欲が湧いてきました。仕事も勉強もプライベートもうんと充実させたいと考え、直近では一週間の休暇も無駄にせず、フィリピンへの語学留学を実現することができました。ダラダラを過ごしがちな休暇が、計画的な自己開発時間になり、そのお陰で仕事のメリハリとヤル気もアップしました。ビジョン・ロードマップの力は計り知れません。進捗発表会で仲間のロードマップを見るのも大変刺激になります。

【イメージ】仲松香菜子さん

仲松香菜子さん - 大手総合人材サービス企業勤務

ビジョン・ロードマップは描いている時、目標に向かって試行錯誤している時、目標を達成した時、どの時点でも幸福感とワクワク感があります。営業が果たして自分に向いているかどうか迷いがあった時、このプログラムでビジョンを再確認してみました。 私のビジョンは幅広い仕事を経験した後、リーダー的存在になり、最終的には次世代を育成することです。そのためには営業経験は極めて貴重で、実績を積み上げることに改めて意義を感じました。お陰で今は迷いがなく、お客様にお叱りを受けるような体験でも意味があると実感しながら、営業の仕事が楽しめています。

【イメージ】小林充さん

小林充さん - 地方銀行勤務

ビジョン・ロードマップに出会ったのは,大学3年次の集中講義で、ビジョンなど考えたことも無かった私には衝撃的でした。大学卒業後は長野県の銀行で勤務させて頂いています。業務の中で多くを占めるご高齢のお客様とのやりとりには、少なからず手間もかかり、説明に時間を要します。が、ビジョン・ロードマップの中で、お客様へのお役立ちこそが、私のステップアップに繋がると明確化している以上、気持ちが引き締まり、常に新鮮な気持ちで接することができています。お陰で「振り込み詐欺」を未然に防ぎ、お客様を被害から守ることもできました。「自分の成りたい像」を自ら明確化・視覚化しておくということは、最もパワフルな自己啓発であり、モチベーションを長期的に高揚させてくれます。

【イメージ】上地直利さん

上地直利さん - 大手電器メーカー系商社勤務

グローバル規模で活躍したいビジョンを持つ私は、いつもそのゴールから逆算して、現在の仕事の取り組み方を自己評価することができています。 ネガティブな感情に振り回されがちな日常の仕事の中では、自信を失い、投げやりになりがちです。 しかし、そんな時、将来のビジョンから自分を見ると、とても小さいことで振り回されていることを発見でき、「こんなことではグローバル・ビジネス・リーダーには成れない。そのビジョンのために、今の仕事の経験があるのだ」と自分に喝を入れることができます。すると驚くほど気持ちがスッーと切り替わります。お金も手間もかからず、自分で自分のモチベーションをコントロールできる、それがビジョン・ロードマップの凄さだと思います。

Q&A

(Q1)「科学的アプローチ」と聞くと、専門的で難しい研修のように聞こえるのですが、具体的にはどのようなアプローチなのでしょうか?
科学的アプローチとは、「勘や経験に頼らず、専門分野の研究者の意見や調査結果をベースとして」理論やプログラムを展開するものです。一例として、このプログラムでは複数のビジョンを描いて頂きますが、これは世界幸福度調査で人々が「幸福」と感じる要素を長年に渡って研究した結果、5つの幸福要素のバランスをとっていくことが重要だということが判明したからなのです。
つまり仕事やお金のビジョンだけを描いても幸せな人生は望めないということなのです。
(Q2)企業研修の場合、セミナー対象者としてどのような層がもっとも適切でしょうか?
組織の業績向上、また個人としても、高い効果が期待できるのは、入社3年以上経た 25歳位から45歳位までの方です。仕事上の職位に拘ることなく、「女性活躍推進層」「若手育成層」「管理職候補」などニーズに合わせて受けて頂くことが可能です。
ビジョン・ロードマップ自体は、パワーポイントまたはエクセルを操作できる方であれば、どなたでも受講できますので、幅広い年代に適応可能です。
(Q3)この研修を若手や女性対象に行った場合、その上司やリーダーは共に受けた方が効果的でしょうか?
本来は一緒に受講頂き、和気あいあいとディスカッションを盛り上げ、非日常的なコミュニケーションを通じて、互いの意思疎通を大きく改善できる効果があります。しかし、組織あるいは部署・チームによっては、上司やリーダーが入ると、本音のディスカッションができなくなるケースも残念ながらあります。そこは慎重に御社ご担当がご判断頂ければと思います。
(Q4)会社事情に合わせたカスタマイズはして頂けるのでしょうか?
企業でのお申込みの際は、解決したい課題を前もってお聞きしますので、どの組織に対しても、ある程度のカスタマイズが適用されます。大幅なカスタマイズの場合は、別途ご相談になります。講師はグローバル企業の女性管理職として豊かな実務経験を持ちますから、ビジョン・ロードマップ以外の観点からも、課題解決へのアドバイスを差し上げることも可能です。
(Q5)会場・費用・実施可能な日程について教えて下さい。
現在ビジョン・ロードマップは、パソナ社またはキャプラン社を通じて受け付けております。こちらの問い合わせフォームに簡単にご記入の上、やりとりをお願いします。
(Q6)研修担当者への事前説明や、実際に研修を見学することはできますか。
こちらもパソナ社またはキャプラン社を通じて受け付けております。こちらの問い合わせフォームにてご要望をお伝えください。

講師プロフィール

【イメージ】

藤野公子 Kimiko Fujino[ロゴ] 国際キャリア・コンサルティング協会

青山学院大学経営学部卒業
ハーバードビジネススクール・エグゼクティブコース修了
国際キャリアコンサルタント アドバンス資格認定

1978-2010 日本コカ・コーラ(株)勤務
マーケティング・チャネル戦略・組織能力開発部門で
グループマネジャー、シニアマネジャーを歴任

現在、琉球大学客員教授。
明治大学・明治学院大学に於いても教鞭を執る傍ら、
女性活躍推進の後方支援ともなる
明治大学「女性のためのスマートキャリアプログラム」で講師を務める。

2010年より沖縄・東京のデュアルライフを実現
未来を担う若者がグローバル・ビジネスリーダーとして飛躍できるよう完全無償で留学や就活の支援も行っている。

企業の悩みを解決する4つの効果がここにあります。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

お問い合わせ